病院の腰壁シート

去年の10月ごろ、HPを見ていただき
小倉北区の病院の担当の方から、「相談にのってもらいたい」
とお電話をいただきました。

病院の廊下や部屋の壁に、ストレッチャー(移動式ベッド)や
車いすをぶつけてしまい、傷がついてしまう。
壁面が塗装仕上げなので、部分補修もうまくいかない・・・

とのこと。
そこでお勧めしたのがサンゲツの「腰壁シート」
表面強度に優れ、施工性も良く、メンテナンス、
張り替えも可能。
そして、なによりおしゃれでやさしいテイストのお部屋になります。
今回は、お部屋の備え付けの家具がライト系の木目だったので、
腰壁も木目にしました。

ビフォー
c0131666_1934970.jpg












アフター(右側の壁に腰壁シートを張っています)
c0131666_19343076.jpg














施工前に大きな傷にはアルミでできたシートで補修
c0131666_19345242.jpg













パテをして、その上から施工します。
c0131666_19351439.jpg















病院からご依頼いただいたときに、
「病院もサービス業です。患者さんに気持ち良く利用してもらいたい」
という、今回の工事のコンセプトを教えていただき、
私もたいへん共感して、がんばってプレゼンしました。

65部屋も病室があるので、2月いっぱいはかかります。
入院患者さんや、看護師さんに迷惑かけないよう、
安全第一で竣工を目指します!

それにしても、看護師さんをはじめ、病院のスタッフの方は
本当に激務です・・・
それでもみんな笑顔を絶やさず、きびきびと仕事をされます。
たぶん自分の仕事に「志」があるんでしょうね。

ぼくらの仕事で、少しでもその負担が軽減できることはないか?
気持ちが安らぐ事はないか?

なかなか難しいとは思いますが、そんなことができたらいいな・・・
と考えてしまいます。
[PR]
by i-furumori | 2011-01-12 19:45
<< 九州工業大学の有名建築 友人紹介! >>