掘り込み車庫の階段

c0131666_21585092.jpg




































c0131666_21584310.jpg






















↑これは施工後の写真です。

掘り込み車庫の中から上の自宅に続く階段です。

掘り込み車庫とは・・・?
こんな感じの車庫です。
今回のお客様の場合、この車庫の奥に、
上の住宅につながる階段があります。
c0131666_22015123.jpg


















ここ数年、梅雨時期に階段がベチャベチャに濡れる。

天井から落ちてくる様子はなく、

しみだしてくる感じとのこと・・・

昨年の梅雨時期に見せてもらったところ、

確かに壁面は濡れてないのに、

階段だけ濡れているんです。



昨年、梅雨時期の写真
c0131666_21590614.jpg

































おそらく、新築施工時、壁面には防水処理をして、

階段部分には防水施工されておらず、

ここ数年で、周りの水脈の変化があったのか?

長雨が続いて、周りの水の量が増えたのか・・・?

掘り返して防水処理することは不可能なので、

階段用のシート(防水、防滑タイプ)を耐水工法の接着剤で

施工することで、表面に浮き出てくる水をストップする考え方で、

施工してみました。

公共工事(学校や施設など)の1階の床のシートの施工で
下地がコンクリート仕上げの場合はこの耐水工法で施工します。
地面からの湿気でシートがはがれたりしないように、
強力な接着剤で、下地と一体化します。

c0131666_21585670.jpg






















今年の梅雨時期、どうなるか?

経過観察が必要です。

この階段用防滑シートは、マンションの外部階段なんかでもよく
採用される、タキロンというメーカーのタキステップという商品。

劣化した外部階段や、
学校、公共施設の階段など、
いろんなところで、多用途に使われる、大変優秀な商品ですよ!
おすすめです。

梅雨時期、台風、ゲリラ豪雨、長雨など・・・
気候変動のせいなのか、激しい雨風が多いような気がします。
建築は雨風をしのぐシェルターですので、
雨風との戦いでもあります。
毎年、様々な相談をいただきます。
インテリアをかっこよく、きれいにするのも大事な仕事ですが、
建物の基本的な機能を守る、改善するのも、
当社の重要な担いです。



[PR]
by i-furumori | 2017-04-21 22:12
<< マンションの納戸の棚板新設 エステサロン看板リニューアル >>