クリニック改装工事

お客様のご紹介がきっかけで、
クリニックの待合室、特別入院室、休憩室などの
改装工事のご依頼をいただきました。

ご自宅のリビングテーブルのメンテナンスから、
お付き合いが始まりました。

■スタッフさんの休憩室の家具

c0131666_21264366.jpg




























以前は少し狭い休憩室で、交代で食事していたとのこと。

今回、スタッフ用の更衣室、休憩室の建物をハウスメーカーで新築され、
そこに当社が家具を入れさせていただきました。
清潔感のある、リラックスできる色を選びました。

院長先生の、スタッフの方々の職務環境改善に取り組む姿勢を感じます。

■待合室ソファー入れ替え

【ビフォー】
c0131666_21264181.jpg


























このクリニックでの今回の待合室の椅子選定のポイントは、
①体調の悪い患者さんが、横になって休んだり、
ケガした足を上げて診察を待ったりする機会があるため、
最前列は背もたれ有、ひじ掛け無しの物。
②真ん中の椅子は、フレキシブルに使えるベンチを
さらに、
③使用頻度が高いため、耐久性があるもの。
④プラス、イメージチェンジです。

最近の病院のソファーは、
住宅のソファーのようなデザイン
(木質系、アイボリー、グリーンなどナチュラルカラー)
が多くなってきましたね。
新築の大きな総合病院も、インテリア全体が、
おしゃれな住宅や、カフェのような雰囲気です。

でも、住宅用と、施設用は、実はソファーの座面の
クッション(ウレタン)の強度や耐久性、硬さが違うんです。
1日数時間しか座らない住宅用のソファーと、
開院時間中、患者さんが入れ替わり立ち代わり座るソファーは、
当然、設計段階から違います。
商品選定において、重要なポイントですね。

施設や事務所の家具選定時に、デザイン先行、価格優先で選ぶと、
失敗することがありますので、ご注意ください。

【アフター】
c0131666_21264167.jpg























奥の窓際のカウンターチェアーも、座面の塗装を塗り替えて、
ステンレスを磨き、メンテナンスしました!

■特別室家具入れ替え
c0131666_21264410.jpg



























お見舞いの方がきてもゆっくり過ごせるよう、
落ち着きのあるものを選びました。

■プレイスペース
【ビフォー】
c0131666_21264194.jpg



































タイルカーペットの色褪せ、汚れ、
壁の穴あき(ネコのシールの裏には穴が(笑))・・・

【アフター】
c0131666_21264305.jpg

























ミッキー、キティーちゃんなども候補に挙がりましたが、
激論(笑)の結果、ミッフィーちゃん再登板(笑)。
再利用ではなく、ちゃんと新しいものに取り換えてますよ!
ちなみに、ゾウさんがライオン変わっています。

壁の汚れや、傷、穴などの対策で、
腰壁シート+ワイド巾木を採用。
傷にも強く、汚れも拭き取れます。

【まとめ】
普段から、掃除も丁寧にされ、
多少のメンテナンスは、病院の方も施工される、
管理の行き届いた施設です。

今回のようなタイミングで、
小規模改装工事や家具の入れ替えをマメに行うことで、
いつもきれいで、デザインや機能も時代に合ったものに入れ替わり、
患者さんだけでなく、スタッフの方も気持ちよく過ごせるようになりますよね。
滞在時間の長い、スタッフさんのほうがうれしいかも?

今回、ほかにも、
ミーティングルームを作ったり、
スタッフ用トイレを改装したり、
施工させていただきました。

完成したとき、オーナーや、スタッフの方が、
喜んでいただけると、本当にやりがいを感じます。


今後とも末永くお付き合いさせていただけたらと願っています!







[PR]
by i-furumori | 2018-01-14 21:57
<< 事務所、タイルカーペット張り替え 産業経済局 打ち合わせスペース >>