TOSO ビジック

どうしても、カーテンはしっくりこないテイストのお部屋があります。
ロールスクリーンや、ブラインドのほうがしっくりくる。

しかし、ロールスクリーンは、開けるか閉めるか。
ブラインドも羽の方向で外部からの目線は遮れますが、
対面の建物がマンションなどの場合は、
上からや下からの目線は遮れない・・・

カーテンの場合のレースの役割は、日中の外部からの目隠しとして、
大変重要な役割です。

ここら辺のニーズに応えるのが、
TOSOビジック。

お客様からの要望で取り付けさせていただきました。
ロールスクリーンが2重になっていて、
レース生地とドレープ生地がストライプになっていて、
写真のような操作が可能です。

カーテン(ドレープ+レース)とロールスクリーンの機能を
併せ持つ優れものですね!


外部の目線を遮ります。
c0131666_00520581.jpg





























レース部分を通して、光を取り入れます。
c0131666_00520043.jpg






























c0131666_00514986.jpg






























c0131666_00515665.jpg






























発売当初は売れるかな?と感じましたが、
なかなかのヒット商品だそうですよ!




[PR]
by i-furumori | 2018-05-10 01:05
<< ライフワーク cafe Story 社長室 天井+照明改修工事 >>