職長表彰


昨年の夏、お盆休み返上で施工した、

小学校の大規模改修工事。

短い工期で、施工範囲は広く、

他の工種との取り合いも複雑で、

かなり気合を入れて取り組んだことを、

いまでも思い出します。
当社の職長さんも、仲間はもちろん、他工種の職人さんを励ましたり、
時には怒ったり、大変でした・・・


先日開催された、
元請けのゼネコンさんの1年間を振り返る安全衛生大会にて、
毎年恒例の「職長表彰」が行われました。

ゼネコンさんの現場監督さんの推薦で、
安全面、工期厳守、適切な仕上など、総合的に判断し、
選出される、職長のMVP的な表彰です。


なんと!前述の小学校の大規模改修工事の現場で、
当社の床施工担当の職長さんが、そのMVPに選ばれました!
私も連絡をもらった時は、本当にうれしかったです。

彼の現場での仕事や他工種とのコミュニケーションが評価され、
安全で精度の高い現場竣工を迎えることができたという評価です。

その職長さんと、このあと食事に行き、

その現場の思い出話に花を咲かせ、盛り上がりました。

「賞状は、事務所に飾ります!」

と言ってくれて、

表彰という、「承認すること」の意義を改めて感じましたし、

こういう機会が、職人さんのモティベーションを上げることを、

実感しました。

そして、食事中にこの職長さんから、

「自分の仕事が本当に好きなんです」

という言葉を聞き、改めて、彼への信頼度が高まり、
この職長さんの会社が自社の協力会社であることを大変頼もしく感じました。

この表彰のおかげで、私自身、いろんな学びの機会をいただきました。
本当にありがとうございました。

【社長からの表彰】

c0131666_22224663.jpg





[PR]
by i-furumori | 2018-08-16 22:23
<< 「はりきゅうサロンkanin」... 事務所のブラインドをカーテンに >>