「はりきゅうサロンkanin」様 外壁改修工事


HPにも施工事例をUPさせていただいている「はりきゅうサロンkanin」様
こちらの建物はオーナーのお父さんの、知識・経験・想いのつまった建物であることは、
我々のような建築に携わる者にはビシビシ伝わってくる住宅建築です。


耐久年数が長いといわれる鉄筋コンクリート構造の建物も
40
年経過すると、劣化部分が発生します。

今回は、「外壁のタイルが数か所はがれてきた」とご相談を受け、
協力会社に打診検査をしてもらったところ、手の届く範囲でも、
タイルが浮いている部分が数か所ありました。

工期、金額的にも大掛かりな工事になるので、お伝えすることも心苦しかったのですが、
今後も数十年、住む予定とのことでしたので、工事の内容をご提案させていただきました。

ご理解いただき、工事を進めることになりました。

工事内容としては・・・

 浮いたタイルを剥がす

 できるだけ、そのタイルを再利用して、改修用の接着剤で張り付け

 高圧洗浄で外壁をきれいにする

この機会を利用して・・・

 既存の古いブロック塀を解体。新しい目隠しルーバーを設置。

 玄関床タイルの張り替え。

 古いモルタル仕上げの床を、きれいに改修

梅雨時期を挟んでしまい、豪雨災害で資材の運送の遅れもあり、

工期が延びてしまい、お客様、近隣の方にもご迷惑をおかけしましたが、

何とか竣工にいたりました。


大切な建物を的確なメンテナンスで長く利用することは、

今後の日本の建築には、大切なことです。

「お客様の期待に応える」ためにも、お客様の立場に立って、

的確な提案、施工を心がけます。

【外壁ビフォー】
c0131666_13082192.jpg



























【外壁改修施工中】
c0131666_13120224.jpg

























【外壁アフター】
c0131666_13140559.jpg



























【玄関床タイル ビフォー】
c0131666_13083970.jpg




























【玄関床タイル アフター】
c0131666_13083806.jpg



























【目隠しルーバー】
c0131666_13090172.jpg
























数十年前に建った住宅は、敷地の外周に目隠しのためのブロック塀が多いですね。

その塀の劣化で、地震時倒壊して事故につながることが問題になっています。

当社も最近、点検や改修のご依頼をいただきます。

また、防犯のための塀が、逆に泥棒の侵入を発見されにくくしていることもあります。

最近の新築の際は、敷地廻りを植栽やルーバーなど、

完全には閉じない方法を採用することが多いですね。

特に、ルーバーの商品の種類が、各社増えてきました。

デザインも良いものが多くなってきましたので、

まちを歩くとき、気を付けて見てみてくださいね。




[PR]
by i-furumori | 2018-08-19 13:20
<< M様邸新築工事 竣工 職長表彰 >>