お遊戯会用 「ひな壇」


先日、収納家具の扉を取り換えた保育園さんからの
追加注文で、お遊戯会などでステージで使うひな壇の造り替えの
ご依頼をいただきました。

この壇の上にお子さんたちが乗って、
歌を歌ったり、劇をしたり・・・
(時には浦島太郎のカメ、時には鬼が島の岩、ロミオとジュリエットの・・・)

収納に便利なように、「入れ子(イレコ)」式になっています。

数十年使われてきたので、表面が剥げてきて、
裸足で乗ると危険です・・・
しかし、このひな壇に初めに乗った方は、もうかなりの年齢でしょうね・・・(笑)

【ビフォー】
c0131666_13210554.jpg
































c0131666_13211069.jpg

































【アフター】ぴっかぴかです!
c0131666_13212920.jpg






















以前よりできるだけ軽く、
ささくれができにくいように、
掃除もしやすいメラミン面材で、
軍場製作所の試行錯誤を経て、生まれました。










c0131666_13213069.jpg


































新旧揃い踏みです(笑)↓
c0131666_13212902.jpg
























実は、初代ひな壇は今後は運動会の「障害物走」などで、
リタイア後の人生を全うするそうです!

お遊戯会、運動会は我々の想像以上に、
先生方の気合がすごく、準備にかける熱量はすごいです。

それだけ、毎年の運動会ごとにお子さんがいろいろ学び、
成長するんでしょうね。

我々はこういった設備の面で、「心地よい環境」を作って、
お子さんたちの成長、先生方の熱意の、
縁の下の力持ちになり続けたいです。



[PR]
# by i-furumori | 2018-09-23 13:35

M様邸新築工事 竣工写真


前回ご紹介したM様邸竣工写真が上がってきました!

撮影は㈱GlassEyeのエビハラカズミさんです。

c0131666_13003384.jpg






























c0131666_13010405.jpg






























c0131666_13011500.jpg
















































c0131666_13015629.jpg


















































c0131666_13021114.jpg



































c0131666_13032875.jpg






















最後の夕暮れの写真は、この現場の無事安全竣工と、
M様ご家族の今後の幸せを象徴する感じでいいなぁと、
しみじみ見入ってしまいました・・・

竣工まで最大限のご協力をいただいたM様ご家族。
酷暑の中、無理難題を飲み込んで(笑)くれた、
桑原さんをはじめ、協力会社の皆様。

本当にありがとうございました。


[PR]
# by i-furumori | 2018-09-23 13:11

M様邸新築工事 竣工


今年の4月から着工したM様邸新築工事。
先月無事竣工し、竣工写真撮影をしました。

M様との関係は・・・
私が北九州に帰ってきて、実家での仕事を始めた十数年前。

当社に広告の営業に来られたM様に、お仕事をお願いしたことがきっかけです。

「建築業界の人じゃないのに、業界のこと、技術的なこと、良く勉強しているな」

というのが、私の第一印象です。

当社のPRのお手伝いをしていただく中で、M様が
「私が家を建てるときはお願いしますね!」

と、十数年前に言っていただいていたことが、このたび実現しました。

お声かけいただいたときは、本当にうれしかったです。

そのころから、イメージされていた外観は、
CUBE(キューブ)」

でした。十数年ぶれていませんでした。

写真の通りです!

本日、カメラマンさんに竣工写真を撮っていただきました。

後日、その写真がもっと素晴らしく表現してくれますので、

まずは、手元にある私のへたくそな撮影で申し訳ありませんが・・・

【竣工】
c0131666_16004554.jpg



































【個性的な三角形の玄関からの光】
c0131666_16010196.jpg







































【地鎮祭の様子】
c0131666_16020225.jpg




















【躯体工事】
c0131666_16021774.jpg



























【施工中内観】
c0131666_16025602.jpg






















【施工中外観】
c0131666_16031660.jpg

























【インテリア(つづきは、カメラマンさんの写真完成をお楽しみに・・・)】
c0131666_16033128.jpg

























c0131666_16034243.jpg


























【打合せ風景】
c0131666_16035749.jpg





















心強い協力会社の「桑原工務店」さんに、

今回も大きなバックアップをいただきました!

M様がお仕事が忙しく、

いつも現場で19時~とか20時~とかのスタートの打合せを

毎週行いました。(我々も遅い時間の方が、落ち着いて臨めます)

おいしい珈琲と御菓子を飲みながら、

夢のある話をすることは、

本当に楽しく、充実した時間でした。

基本的にデザインはM様主導です。

そこに、我々が技術的なアドバイスを加えたという流れです。
まさにM様の想いの詰まった家です。


* * * * *

住宅はもちろん、建築工事全般的に、

大きなお金がかかります。

「お客様」と「施工する会社」の関係性は、本当にご縁ですね。

お互いが信頼関係で結ばれて、

期待に応えるよう、精いっぱい努力する関係性が生まれるのは、

ご紹介であったり、口コミであったり、様々ですが、

今回のように、

「過去に一緒に仕事をした」ということも、

信頼関係+安心感があるご縁だと、強く感じたプロジェクトでした。

「家のことは、主人に任せてますから」と、ご主人を理解し信頼されている奥様と、
まだ小さいお子さんが2人いらっしゃる、仲の良いご家族です。


お父さんの想いの詰まった家で、幸せな人生を過ごしていただけることを願います。



[PR]
# by i-furumori | 2018-08-25 16:16

「はりきゅうサロンkanin」様 外壁改修工事


HPにも施工事例をUPさせていただいている「はりきゅうサロンkanin」様
こちらの建物はオーナーのお父さんの、知識・経験・想いのつまった建物であることは、
我々のような建築に携わる者にはビシビシ伝わってくる住宅建築です。


耐久年数が長いといわれる鉄筋コンクリート構造の建物も
40
年経過すると、劣化部分が発生します。

今回は、「外壁のタイルが数か所はがれてきた」とご相談を受け、
協力会社に打診検査をしてもらったところ、手の届く範囲でも、
タイルが浮いている部分が数か所ありました。

工期、金額的にも大掛かりな工事になるので、お伝えすることも心苦しかったのですが、
今後も数十年、住む予定とのことでしたので、工事の内容をご提案させていただきました。

ご理解いただき、工事を進めることになりました。

工事内容としては・・・

 浮いたタイルを剥がす

 できるだけ、そのタイルを再利用して、改修用の接着剤で張り付け

 高圧洗浄で外壁をきれいにする

この機会を利用して・・・

 既存の古いブロック塀を解体。新しい目隠しルーバーを設置。

 玄関床タイルの張り替え。

 古いモルタル仕上げの床を、きれいに改修

梅雨時期を挟んでしまい、豪雨災害で資材の運送の遅れもあり、

工期が延びてしまい、お客様、近隣の方にもご迷惑をおかけしましたが、

何とか竣工にいたりました。


大切な建物を的確なメンテナンスで長く利用することは、

今後の日本の建築には、大切なことです。

「お客様の期待に応える」ためにも、お客様の立場に立って、

的確な提案、施工を心がけます。

【外壁ビフォー】
c0131666_13082192.jpg



























【外壁改修施工中】
c0131666_13120224.jpg

























【外壁アフター】
c0131666_13140559.jpg



























【玄関床タイル ビフォー】
c0131666_13083970.jpg




























【玄関床タイル アフター】
c0131666_13083806.jpg



























【目隠しルーバー】
c0131666_13090172.jpg
























数十年前に建った住宅は、敷地の外周に目隠しのためのブロック塀が多いですね。

その塀の劣化で、地震時倒壊して事故につながることが問題になっています。

当社も最近、点検や改修のご依頼をいただきます。

また、防犯のための塀が、逆に泥棒の侵入を発見されにくくしていることもあります。

最近の新築の際は、敷地廻りを植栽やルーバーなど、

完全には閉じない方法を採用することが多いですね。

特に、ルーバーの商品の種類が、各社増えてきました。

デザインも良いものが多くなってきましたので、

まちを歩くとき、気を付けて見てみてくださいね。




[PR]
# by i-furumori | 2018-08-19 13:20

職長表彰


昨年の夏、お盆休み返上で施工した、

小学校の大規模改修工事。

短い工期で、施工範囲は広く、

他の工種との取り合いも複雑で、

かなり気合を入れて取り組んだことを、

いまでも思い出します。
当社の職長さんも、仲間はもちろん、他工種の職人さんを励ましたり、
時には怒ったり、大変でした・・・


先日開催された、
元請けのゼネコンさんの1年間を振り返る安全衛生大会にて、
毎年恒例の「職長表彰」が行われました。

ゼネコンさんの現場監督さんの推薦で、
安全面、工期厳守、適切な仕上など、総合的に判断し、
選出される、職長のMVP的な表彰です。


なんと!前述の小学校の大規模改修工事の現場で、
当社の床施工担当の職長さんが、そのMVPに選ばれました!
私も連絡をもらった時は、本当にうれしかったです。

彼の現場での仕事や他工種とのコミュニケーションが評価され、
安全で精度の高い現場竣工を迎えることができたという評価です。

その職長さんと、このあと食事に行き、

その現場の思い出話に花を咲かせ、盛り上がりました。

「賞状は、事務所に飾ります!」

と言ってくれて、

表彰という、「承認すること」の意義を改めて感じましたし、

こういう機会が、職人さんのモティベーションを上げることを、

実感しました。

そして、食事中にこの職長さんから、

「自分の仕事が本当に好きなんです」

という言葉を聞き、改めて、彼への信頼度が高まり、
この職長さんの会社が自社の協力会社であることを大変頼もしく感じました。

この表彰のおかげで、私自身、いろんな学びの機会をいただきました。
本当にありがとうございました。

【社長からの表彰】

c0131666_22224663.jpg





[PR]
# by i-furumori | 2018-08-16 22:23