保育園 家具修繕工事

いつもお世話になっている、保育園。

子供たち一人一つずつある収納。

建具の蝶番が弱く、不具合が多い。
枠の中に納まる建具のため、閉まらなくなる。
子供たちが、バーンと閉めるため(笑)、壊れてしまう・・・

という、以前からお聞きしていた悩みに、
やっと応えられるチャンスが来ました!

ビフォー

c0131666_22483357.jpg






























枠の中に納まる建具のため、不具合でちゃんと閉まらない箇所が・・・


アフター


c0131666_22485066.jpg






























全教室改修しましたので、今回の施工枚数、なんと140枚以上!!
c0131666_22484540.jpg






























デザインは以前の物を踏襲し、
枠の外に建具をつけ、蝶番も変更。
壊れにくく、調整しやすくしました。

建具の縁も柔らかい素材に変更し、
子供たちが触っても危なくないように・・・

先生方も今までの不具合から解放されると、
大変喜んでいただきました!

協力会社の家具屋さん(軍場製作所さん)も、
子供たちがいる中、時間調整しつつ、
多くの建具を、2日間で交換。
本当にありがとうございました。

ここの保育園とのお付き合いは15年くらい前に、
トイレのパーティションを施工させていただいたのが、
始まりです。
今回、久しぶりに目に留まり、写真を撮りました。
c0131666_23004435.jpg






























この工事から、経営されているお寺の工事や、
もう一つ経営されている保育園も、メンテナンスの
ご依頼をいただくようになりました。
本当にありがたいことです。

子供たちの教育環境改善にかかわることは、
本当にやりがいのある仕事だと、いつも感じます。











[PR]
# by i-furumori | 2018-05-06 23:07

介護施設の和室コーナーをリビングゾーンに取り込む。

いつも大変お世話になっている介護施設。

インテリア工事はもちろん、
給排水設備工事、空調工事、
大工工事・・・
大変ありがたいことに、
当社が「社外建築課」(私が課長です!)
のように、いつもご依頼をいただいています。
本当にありがとうございます!

ご期待にお応えできるよう、これからも頑張ります!

今回のご依頼は・・・

デイサービス部分に和室コーナーがあり、
畳の下は収納になっています。


住宅でもそうですが、
和室が使いづらい・・・
物置化してしまう・・・

よくありますよね。

c0131666_21470791.jpg
































c0131666_21470270.jpg
























































このブログでも、いくつか事例がありましたが、

「和室を洋室化」
「和室をリビング収納に」

今回は、リビングゾーンの一部として
床を、同じ高さにして、
介護ベットが置けて、
休憩ができるスペースにリニューアルしました。

まずは大工さんが床の撤去と、下地作り。

c0131666_21465785.jpg






























床と、壁を仕上げて、完成です。

c0131666_21465159.jpg





























今回のポイントは床についての考え方だと思います。

お部屋の用途と床仕上げは切り離せませんね。

今回のように、床仕上げを変更することで、

お部屋の機能が全く変わります。

いつも使っている部屋、使っていない部屋の床仕上げを変えるだけで、
機能的なスペースに変身する可能性があります。

会社で、お店で、ご自宅で・・・
ちょっと床仕上げのことを考えてみると、
デッドスペースの有効活用のアイデアが生まれるかもです。

逆に、「ここが畳だったら・・・」
という発想もありですね!

















[PR]
# by i-furumori | 2018-02-16 22:03

事務所、タイルカーペット張り替え

いつも大変お世話になっている先輩の事務所の、
OAフロアのタイルカーペット張り替えです!




【事務所全景】
c0131666_20060759.jpg


























机の上の書類関係や大切なものは、
お客様にご協力いただき、前日までに箱詰めしていただきました。
本当にありがとうございます。


椅子は外に出せるので、問題は机・・・
いつも力になってくれる協力会社(引越専門)さんに相談して、
荷台をたくさん持ってきていただきました!






c0131666_20041570.jpg


























右の机の脚を見ていただくと、荷台に乗ってますよね。
この作業を、進めていくと、


c0131666_20041151.jpg






































机の引き出しの中や、机の上のPCは移動せずに、
机の多少の横移動が可能になります。

先輩にこの状態を見ていただいたとき、
「やっぱり、プロはちがうね!」
と引越し屋さんをほめていただきました。

その時は、私もうれしい!







c0131666_20040753.jpg








































それから、タイルカーペットを張り替えます!
荷台の数が30個!!

通常、荷物移動を待ちながら、タイルカーペットの職人さんは、
手待ちになってしまう作業が、今回は、
タイルカーペットを張り終わるのを、引越し屋さんが待つ・・・
という逆転状態に。

タイルカーペットの職人さんは、休みもそこそこに張り続けて、
いつもより、ぐったりでした・・・

みなさんの連係プレーで、1日で床を張り替えできました!

本当にいつも頼りになる協力業者さんたちです。

    * * * * *

いつも事務所の改装で問題になるのが、
パソコン関係の接続と、電話線の処理。
特に大事なデーターが管理されているサーバーがある場合は、
要注意です。

事務所の工事は、お仕事の支障にならないことが大前提なので、
パソコン(サーバー、NET環境)、電話は本当に気を使います・・・

当社は、お客さまがいつも頼まれている、パソコン関係や、電話関係の方を
事前にご紹介いただき、1週間前に現場で打ち合わせ。

注意事項をしっかり聞き、できれば、施工当日、朝と夕方来ていただくように
お願いします。

みなさん、後でトラブルになるより、
自分で管理したほうが、ありがたいと、
多くの業者さんは、来てくださります。
(みなさん、結構ハリキッてきてくれます(笑))

土日施工の場合は、金曜日の夜にはずしておくとか、
みなさん、工夫していただきます。

各業者間でコミュニケーションを密にとれば、
みなさん、プロとしての自分のスキルを発揮して、助けてくださいます。

「大丈夫ですよ、何かあっても何とかしますから!」
と心強い言葉をいただくと、ほっとします。

重要なのは、事前打ち合わせなんでしょうね。

お客様の利用されている業者さんなので、
初めて会う方がほとんどなんですが、
初めての連係プレーも心地いいものです。

作業が無事終わって、
パソコンや、電話が通常通り動いた時が、
ほっとするのと、達成感を感じますね。



[PR]
# by i-furumori | 2018-01-19 20:30

クリニック改装工事

お客様のご紹介がきっかけで、
クリニックの待合室、特別入院室、休憩室などの
改装工事のご依頼をいただきました。

ご自宅のリビングテーブルのメンテナンスから、
お付き合いが始まりました。

■スタッフさんの休憩室の家具

c0131666_21264366.jpg




























以前は少し狭い休憩室で、交代で食事していたとのこと。

今回、スタッフ用の更衣室、休憩室の建物をハウスメーカーで新築され、
そこに当社が家具を入れさせていただきました。
清潔感のある、リラックスできる色を選びました。

院長先生の、スタッフの方々の職務環境改善に取り組む姿勢を感じます。

■待合室ソファー入れ替え

【ビフォー】
c0131666_21264181.jpg


























このクリニックでの今回の待合室の椅子選定のポイントは、
①体調の悪い患者さんが、横になって休んだり、
ケガした足を上げて診察を待ったりする機会があるため、
最前列は背もたれ有、ひじ掛け無しの物。
②真ん中の椅子は、フレキシブルに使えるベンチを
さらに、
③使用頻度が高いため、耐久性があるもの。
④プラス、イメージチェンジです。

最近の病院のソファーは、
住宅のソファーのようなデザイン
(木質系、アイボリー、グリーンなどナチュラルカラー)
が多くなってきましたね。
新築の大きな総合病院も、インテリア全体が、
おしゃれな住宅や、カフェのような雰囲気です。

でも、住宅用と、施設用は、実はソファーの座面の
クッション(ウレタン)の強度や耐久性、硬さが違うんです。
1日数時間しか座らない住宅用のソファーと、
開院時間中、患者さんが入れ替わり立ち代わり座るソファーは、
当然、設計段階から違います。
商品選定において、重要なポイントですね。

施設や事務所の家具選定時に、デザイン先行、価格優先で選ぶと、
失敗することがありますので、ご注意ください。

【アフター】
c0131666_21264167.jpg























奥の窓際のカウンターチェアーも、座面の塗装を塗り替えて、
ステンレスを磨き、メンテナンスしました!

■特別室家具入れ替え
c0131666_21264410.jpg



























お見舞いの方がきてもゆっくり過ごせるよう、
落ち着きのあるものを選びました。

■プレイスペース
【ビフォー】
c0131666_21264194.jpg



































タイルカーペットの色褪せ、汚れ、
壁の穴あき(ネコのシールの裏には穴が(笑))・・・

【アフター】
c0131666_21264305.jpg

























ミッキー、キティーちゃんなども候補に挙がりましたが、
激論(笑)の結果、ミッフィーちゃん再登板(笑)。
再利用ではなく、ちゃんと新しいものに取り換えてますよ!
ちなみに、ゾウさんがライオン変わっています。

壁の汚れや、傷、穴などの対策で、
腰壁シート+ワイド巾木を採用。
傷にも強く、汚れも拭き取れます。

【まとめ】
普段から、掃除も丁寧にされ、
多少のメンテナンスは、病院の方も施工される、
管理の行き届いた施設です。

今回のようなタイミングで、
小規模改装工事や家具の入れ替えをマメに行うことで、
いつもきれいで、デザインや機能も時代に合ったものに入れ替わり、
患者さんだけでなく、スタッフの方も気持ちよく過ごせるようになりますよね。
滞在時間の長い、スタッフさんのほうがうれしいかも?

今回、ほかにも、
ミーティングルームを作ったり、
スタッフ用トイレを改装したり、
施工させていただきました。

完成したとき、オーナーや、スタッフの方が、
喜んでいただけると、本当にやりがいを感じます。


今後とも末永くお付き合いさせていただけたらと願っています!







[PR]
# by i-furumori | 2018-01-14 21:57

産業経済局 打ち合わせスペース

tamtamデザインさんからのご依頼で、
北九州市産業経済局様の打ち合わせスペースの工事の
お手伝いをさせていただきました。

建築家の方との仕事は、普段使わない脳の部分を使う感じで、
出来上がった物件が自分の想像以上の作品になることが、
大変刺激的です!

クロスのデジタルプリントや、
スチールの収納にクロスを貼ることなど、
施工についていくつかご提案させていただき、
採用いただき形になることは、
現場管理をするものとしてはやりがいを感じます。

この場所で、北九州の様々な商品、技術、食材などが、
日本中に、世界中に広がることを期待します。

photo camekiti
design tamtamdesign
c0131666_22440222.jpg






























c0131666_22442495.jpg































北九州のまちは本当にきれいになりましたよね!
我々が子供のころは、ここ芝生広場には
市民会館と市民プールがありました。
小中学校の夏休みはしょっちゅうプールに来ていました。
たしか入場料150円くらいじゃなかったかな(笑)?
リバーウォークのところには玉屋デパート。
小倉城は今も昔も変わりません。

c0131666_22492575.jpg





[PR]
# by i-furumori | 2018-01-12 22:53